学会誌

学会誌「日本スポーツ健康科学誌」について

日本スポーツ健康科学誌は、スポーツ健康科学の実践、臨床、研究および教育に役立つ研究や活動報告等の情報提供をすることを目的とします。投稿論文は、学術的な中身と共に、実践的な研究・報告も広く歓迎します。

学会誌投稿規定

投稿規定はこちら

カメラレディ形式テンプレート

投稿先

日本スポーツ健康科学学会事務局
nspoken@mail.meijigakuin.ac.jp


2020年度日本スポーツ健康科学誌7巻への投稿案内を掲載しました

20.02.25

2020年度日本スポーツ健康科学誌7巻への投稿案内を掲載しました。

投稿案内

Japanese Journal of Sport and Health Sciences Vol.4 No.1 2017

17.01.01

原著

成長期ラットにおける高強度間欠的スイムトレーニングが骨形態に与える影響
田中さくら、井川正治

支持期の踵挙上でのインサイドキックにおける足底荷重とパス精度
下石 怜央、綾部 誠也、東野 祐哉、小山 桂史、森村 和浩、石崎 聡之

水中ポールウォーキングの運動処方への応用 ~初心者における心拍数および主観的運動強度~
坂手 誠治、藤松 典子

日常生活下におけるカフェイン摂取が生活習慣記録器を用いた睡眠時間に及ぼす影響
関口 詞子、柳沢 香絵、笹田 周作

Japanese Journal of Sport and Health Sciences Vol.3 No.1 2016

16.01.01

原著

2020 年東京オリンピック競技開催予定期間における環境温度の予測
樫村 修生、南 和広、星 秋夫

裸足と裸足に類似したシューズでジョギングの接地中の下肢筋活動量の比較
小山 桂史、栗巣 玲生、柴田 風香

ラットにおけるサチャインチオイル投与による急性暑熱暴露下運動時の組織熱ストレス増加および代謝酵素活性低下の抑制
樫村 修生、南 和広、島﨑 あかね、桜井 智野風、星 秋夫、前崎 祐二、清柳 典子

高脂肪食ラット骨格筋の脂肪代謝にサチャインチオイルの長期投与が及ぼす影響
南 和広、樫村 修生、前崎 祐二、清柳 典子

ウォーキングバイシクル乗車時のエネルギー消費量ならびに下肢筋活動水準
志多木 啓太、綾部 誠也、齋藤 誠二、高戸 仁郎、犬飼 義秀

実践報告

フィットネス指導者における職業性ストレスおよび仕事に対する意欲の実態
中野渡 快人、坂手 誠治

資料

わが国における主要都市の熱中症死亡率
星 秋夫、樫村 修生、坂手 誠治

Japanese Journal of Sport and Health Sciences Vol.2 No.1 2015

15.01.01

総説

身体活動・運動と認知機能 ―海馬の可塑的変化を中心に―
丹 信介

原著

陸上長距離女子選手における高地トレーニングによる呼吸循環機能の変化
樫村 修生、南 和広、菊地 潤、星 秋夫

シューズ着用と裸足での歩行における圧力中心の移動量の比較
小山 桂史、小島 賢悟

疲労困憊運動時および回復時の腹外側前頭前野活動における一考察
桜井 智野風、樫村 修生、得能 瑞樹、後藤 広太郎

高齢者における水中歩行前の水分補給の有無が発汗および生体に及ぼす影響
坂手 誠治、樫村 修生

実践報告

中高年者における健康スポーツとしてのノルディックウォーキングの可能性
―公開講座の実践経験から―
藤松 典子

Japanese Journal of Sport and Health Sciences Vol.1 No.1 2014

14.01.01

総説

成熟ラットの心臓自律神経系のバランスに及ぼす静的な精神的ストレスあるいは運動トレーニングによる身体的ストレスの影響の評価
熊江 隆

原著

スズメバチ成虫成分含有ハチミツ複合飲料による運動時の呼吸循環機能や遅発性筋痛への改善効果
樫村 修生、岩本 もりえ、柏木 朋也、菊地 潤

中学生男子バスケットボールチームの競技力と体力特性に関する研究
小山 桂史、大畑 岳

軽強度での水中歩行前における水分摂取の有無による脱水および生体に及ぼす影響
坂手 誠治、樫村 修生、星 秋夫

女子大学生における朝食欠食と食物摂取の関連
菊池 眞帆、重田 公子、笹田 陽子

大学女子柔道選手における試合に向けた減量の実態調査
松本 秀彦、森田 恭光、具志堅 武、鈴川 一宏、越智 英輔、山本 洋祐

実践報告

地球環境変化による個人防護の実態と課題「PM2.5~新型インフルエンザなどの脅威から身を守る最後の砦」
下村 寿邦、齊藤 雄司